トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2.3 コマンドの概要

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 2.3 コマンドの概要

2.3.1 コマンドとは

1.コマンドの概念
 BASICなどのプログラミング言語では、コマンドは1つのプログラムを構成する部分品でした。しかしMSX-DOSでいうコマンドとは、プログラミング言語のコマンドとは違い、プログラムそのものです。コマンドは、プロンプトに続くコマンド行にその名前を入力することで実行されます。
 MSX-DOSで実際にコマンドの実行を受け持つのはシステムコマンドファイルである「COMMAND.COM」です。すべてのコマンド(プログラム)は、「COMMAND.COM」が解析し、実行されます。

2.コマンドの書式
 コマンドは、コマンド名とそれに続くパラメータからなっています。コマンドによって、パラメータが必要なものとそうでないものがあります。また、コマンド名とパラメータ、パラメータ相互の間は、スペース、タブまたはカンマによって区切ります。コマンドの書式は以下のようになります。

A>[<ドライブ指定>]<コマンド名>[ <パラメータ>]・・・

 これは、<ドライブ指定>で指定されたドライブにある<コマンド名>というコマンドを実行せよ、ということです。

2.3.2 コマンドの種類

 コマンドには、MSX-DOSの内部にあらかじめ用意されている内部コマンドと、ディスクにファイルとして記録されていて、コマンド名が入力されるたびにめっもりに読み込まれて実行される外部コマンド、MSX-DOSのバッチ処理機能により自動的に複数の内部コマンド、外部コマンドを実行するバッチコマンドの3種類があります。

1.内部コマンド
 MSX-DOSには、以下の13種類の内部コマンドがあります。それぞれのコマンドの詳細については、「2.4 コマンド一覧」を参照して下さい。

BASIC     DIR       REN     VERIFY
COPY      FORMAT    REM
DATE      MODE      TIME
DEL       PAUSE     TYPE

2.外部コマンド
 アセンブラやコンパイラなどを利用して作成した「.COM」という拡張子を持つファイルが外部コマンドです。システムディスクの「COMMAND.COM」もこれにあたります。
 外部コマンドはファイル名をコマンド行から入力すると、ディスクから読み込まれて実行されます。なお、コマンドファイルがデフォルトドライブにないときは、コマンド名にドライブ指定をつけるか、デフォルトドライブをコマンドファイルがあるドライブに変更しなければなりません。
 以下に外部コマンドとデフォルトドライブの関係を示します。例えば、ドライブA、Bに、それぞれ次のようなディスクが入ってるとします。

A>dir
TEST     COM      384 85-07-25  6:16p
NEWDISK  BAT       78 85-08-30 10:02p
       2 files   360448 bytes free
A>dir b:
CAT      COM     8320 85-08-20  3:03p
       1 files   353280 bytes free
A>test                                      ←「test」を入力

TESTというコマンド(プログラム)を実行

A>cat                                       ←「cat」を入力
Bad command or file name                    ←CAT.COMがデフォルトドライブである
                                              ドライブA上になかったので、エラー
                                              メッセージが表示された。
A>b:cat

CATを実行

A>b:                                        ←デフォルトドライブをドライブBに変更
b>cat                                       ←「cat」を入力

CATを実行

B>

3.バッチコマンド
 バッチコマンドとは、拡張子が「.BAT」であるバッチファイルに記録した一覧のコマンドで、バッチファイル名をコマンド行から入力すれば、記録されているコマンドが次々と実行されます。バッチコマンドを利用することで、個々のコマンドをいちいち入力することなく、一連の処理を自動的に行うことができます。このため、アセンブルやコンパイルなど、同じコマンドを使って何回も処理を行うときには、非常に便利な機能です。
 バッチファイルがデフォルトドライブにないとき、バッチファイル名の前にドライブ指定をつけるか、デフォルトドライブを変更しなければなりません。これは、外部コマンドのときと同じです。
 バッチファイル「NEWDISK.BAT」が次のような内容であるとします。ファイルの内容をディスプレイに表示させるには、「type」コマンドを使います。

A>type newdisk.bat
rem This is file NEWDISK.BAT
pause Insert new disk in drive b:
format
dir b:

A>

 このバッチファイル名を入力すれば、バッチファイルの内容が次々と実行されます。

A>newdisk
A>rem This is file NEWDISK.BAT
A>pause Insert disk in drive B:
Strike a key when ready                 ←ドライブBに新しいディスクを入れたら
                                          どれかキーを押す
A>format
Drive name?(A,B) b                      ←ドライブBのディスクをフォーマット
Strike a key when ready                 ←どれかキーを押す
Format conplete                         ←フォーマットが終了すると表示される

A>dir b:
File not found                          ←ドライブBのディスクにはファイルがない
A>