トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

2.4 コマンド一覧

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 2.4 コマンド一覧

 ここではMSX-DOSの内部コマンドについて解説します。コマンドはアルファベット順になっています。

コマンド名 機能ページ
BASIC Disk BASICに移行します。 355
COPY ファイルコピーまたは連結します。 356
DATE 日付を表示、変更します。 360
DEL(ERASE) ファイルを削除します。 362
DIR ディレクトリを表示します。 363
FORMAT ディスクを初期化します。 364
MODE 文字表示幅を設定します。 366
PAUSE バッチコマンドの実行を一時停止します。 367
REM バッチファイルにコメントを書き込みます。 368
REN(RENAME) ファイル名を変更します。 368(369)
TIME 時刻を表示、変更します。 369
TYPE ファイルの内容を表示します。 370
VERIFY 書き込みの際の検査の有無を設定します。 371
BASIC
機能

Disk BASICを起動します。

書式

BASIC [<ファイルスペック>]

解説

MSX-DOSが起動されている状態からDisk BASICを起動したいときは、「basic」コマンドを用います。<ファイルスペック>によってDisk BASICのプログラムを指定すると、Disk BASICを起動した後、そのプログラムを読み込んで実行します。
Disk BASICからMSX-DOSへ移行するときには「_system(またはcall system)」命令を実行します。

Disk BASICを起動し、アスキーセーブされたBASICプログラムの「FUNCKEYS.INI」を実行します。このプログラムは、Disk BASICでファンクションキーを設定して、再びMSX-DOSに戻るものです。

A>type funckeys.ini
100 KEY 1,"dir"
110 KEY 2,"ren"
120 KEY 3,"copy"
130 KEY 4,"del"
140 KEY 5,"type"
150 KEY 6,"time"+CHR$(13)
160 KEY 7,"date"+CHR$(13)
170 KEY 8,"format"+CHR$(13)
180 KEY 9,"verify"
190 KEY 10,"basic"
200 CLS:CALL SYSTEM

A>basic funckeys.ini
注意

MSX-DOSとDisk BASICではメモリ構成が異なり、「basic」コマンドの実行によってメモリが切り換えられます。このため、メモリを介してMSX-DOSとDisk BASICとの間でデータをやりとりすることはできません。

COPY
機能

ファイルを複写(コピー)、または連結(付加)します。

書式

COPY [/A|/B] <ファイルスペック1>[/A|/B] [<ファイルスペック2>[/A|/B]]

書式

COPY [/A|/B] <ファイルスペック 1>[/A|/B] <ファイルスペック 2>[/A|/B][…+<ファイルスペック n>[/A|/B]] [<ファイルスペック>[/A|/B]]

解説

<ファイルスペック>の指定にはワイルドカード文字を使うことができます。普通、「copy」コマンドは、ファイルを複写するために使用します。

■同じディスクへのファイルの複写

以下は、「MSXDOS.SYS」というファイルを「MSXDOS.BAK」というファイル名で同じディスクに複写するときのコマンド行の例です。

A>copy msxdos.sys msxdos.bak

ここで<ファイルスペック1>と<ファイルスペック2>は、必ず違うファイル名でなければなりません。同じファイル名を指定すると、「copy」コマンドは中断され(ファイルをそれ自身にコピーすることは許されません)、次のようなエラーメッセージが表示されます。

A>copy msxdos.sys msxdos.sys
File cannot be copied onto itself
0 files copied
A>

■違うディスへのファイルの複写

このとき、<ファイルスペック2>には4つの形があります。

1.省略されたとき
コピーはデフォルトドライブに対して行われ、コピー後のファイルには<ファイルスペック1>と同じ名前が付けられます。次の例では、ドライブBの「msxdos.sys」がデフォルトドライブであるドライブAにコピーされます。

A>copy b:msxdos.sys

<ファイルスペック1>がデフォルトドライブ上のもので、<ファイルスペック2>が省略されていると、「copy」コマンドは中断され(ファイルをそれ自身にコピーすることは許されません)、次のようなエラーメッセージが表示されます。

A>copy msxdos.sys
File cannot be copied onto itself
0 files copied
A>

2.ドライブ指定のみのとき
指定されたドライブに同じ名前でコピーします。

A>copy a:msxdos.sys b:

3.ファイル名だけのとき
指定されたファイル名でデフォルトドライブにコピーします。

A>copy b:msxdos.sys msxdos.bak

'''4.完全なファイルスペックを指定したとき
指定されたドライブへ指定された名前でファイルをコピーします。

A>copy msxdos.sys b:msxdos.sys

■「copy」コマンドのスイッチ

/Aスイッチと/Bスイッチでコピーモードを指定します。

/A アスキーモード(Ascii mode)の意味で、処理しているファイルの中にエンドオブファイル文字(EOF、ファイルの最後に付けられる)があると、そこでファイルが終わっているとみなして処理を終了します。
/B バイナリモード(Binary mode)の意味で、EOFがあっても処理を続けます。

<ファイルスペック>にスイッチ</A>または</B>がついているとき、そのスイッチは直前の<ファイルスペック>から次のスイッチが指定されるまで有効です。/Aが指定されている間に読み取られるファイルは、EOF以降がコピーされません。
コピー先のファイル名に付けられるスイッチは、EOFがファイルの終わりに置かれるかどうかを決定します。/Aスイッチが指定されていると、ファイルの読み書きではEOFが1つだけつけられます。したがって、アスキーファイルを

A>copy ab.mac/B cd.mac/A

というコマンドでコピーすると、

  • もとのファイルのEOFは/Bスイッチのため除去されず、
  • コピー先のファイルの/Aスイッチにより余分なEOFが付加されるので、結果として2つのEOFが付いたファイルができることになります。

次はファイルを連結するときにスイッチが付いた例で、実行ファイル「PROG.COM」に、アスキーファイルである定数データ「ERRS.TXT」を連結するときのものです。結果として、必要なのがバイナリファイルとすると、終わりのEOFは必要ないのでスイッチをこのように用います。

A>copy prog.com/b+errs.txt/a newprog.com/b

スイッチを指定しないで複写すると、バイナリモードでコピーされます。

A>copy /a ab.txt cd.txt

このとき、「AB.TXT」の途中にEOFが含まれていると、その時点でコピーは終了するので、「CD.TXT」の大きさは「AB.TXT」より小さくなることがあります。なお、このとき「CD.TXT」には、EOFが最後の文字としてついています。

■ファイルの連結

「copy」コマンドではファイルを連結することもできます。連結は「copy」コマンドのパラメータとして<ファイルスペック>を「⁺」でつなげて指定します。
以下の例では、「AB.TXT」「CD.TXT」「EF.TXT」を連結し、その結果を「GH.CRP」という名前でドライブAに書き込みます。
連結は、通常アスキーファイルで行います。バイナリファイルを連結するときは、ファイルの中にEOFが含まれていると、その時点でそのファイルのコピーを打ち切り、次のファイルを続けて連結コピーします。そのため、バイナリファイルを連結するときは/Bスイッチによりバイナリモードに切り換えて行います。

A>copy ab.txt+cd.txt+ef.txt gh.txt

以下の例では、「AB.COM」に「CD.COM」を連結し、「EF.COM」というファイルを作ります。

A>copy /B ab.com+cd.com ef.com

次の例は、ドライブBにある「TEST1.TXT」に、デフォルトドライブにある「TEST2.TXT」を付加するときのコマンド行です。

A>copy b:test1.txt+test2.txt b:test1.txt

ただし、もとのになるファイルと付加するファイルが双方ともデフォルトドライブ上にあるときは、最後のパラメータを省略することができます。

■ワイルドカード文字の使用例

1.複写(コピー)
ワイルドカード文字を使用すれば、ディスクのバックアップや特定のファイル名または拡張子を持つファイルのみをコピーすることができます。
次の例では、デフォルトドライブであるドライブAのすべてのファイルをドライブBにコピーします。

A>copy *.* b:

次の例では、デフォルトドライブにある拡張子が「.COM」であるファイルのすべてを、ドライブBにコピーします。

A>copy *.com b:

次の例では、ドライブBにあるファイル名が3文字以下であるファイルのすべてを、デフォルトドライブ(ドライブA)にコピーします。

A>copy b:???.*

'''2.連結(付加)
ワイルドカード文字を利用すれば、特定のファイル名または拡張子を持つファイルをすべて連結し、1つのファイルを作るなどの処理ができます。
次の例では、拡張子が「.LST」であるすべてのファイルを連結して、「CONBIN.PRN」という名前のファイルを作ります。

A>copy *.lst conbin.prn

また、以下のようにいくつかのファイルを個々に連結したり、または1つのファイルに連結したりすることもできます。例えば、ドライブAに次のようなファイルがあるとします。

A>dir
FILE1    LST   ・・・・・・・・・
ABCDE    LST   ・・・・・・・・・
FILE1    REF   ・・・・・・・・・
ABCDE    REF   ・・・・・・・・・
         ・
         ・

このとき、次のようなコマンドを入力すると、「FILE1.LST」と「FILE1.REF」がれんけつされて「FILE1.PRN」という名前のファイルが作成され、「ABCDE.LST」と「ABCDE.REF」が連結されて「ABCDE.PRN」という名前のファイルができます。

A>copy *.lst+*.ref *.prn
FILE1    LST
ABCDE    LST
       2 files copied
A>dir
FILE1    LST   ・・・・・・・・・
ABCDE    LST   ・・・・・・・・・
FILE1    REF   ・・・・・・・・・
ABCDE    REF   ・・・・・・・・・
FILE1    PRN   ・・・・・・・・・
ABCDE    PRN   ・・・・・・・・・
         ・
         ・

次の例では、「*.LST」に該当するすべてのファイルを連結してから、「*.REF」に該当する全ファイルを連結し、「CONBIN.PRN」というファイルを作ります。

A>copy *.lst+*.ref conbin
注意

連結した結果作られるファイル名として、すでにディスクにあるファイルの名前を指定すると、そのファイルに連結するファイルの内容が重ね書きされます。結果としてもとのファイルの内容は書き変えられてしまうので、MSX-DOSは警告メッセージを表示します。

A>copy *.lst all.lst
Content of distination lost before copy
          1  file copied
A>

 次の例では、拡張子が「.lst」である全ファイルを、「ALL.PRN」というファイルに付加します。

A>copy all.prn+*.lst
DATE
機能

日付の表示、変更を行います。

書式

DATE [<年>-<月>-<日>]

解説

パラメータなしで入力したときは次のように表示されます。

A>date
Current date is www yy-mm-dd
Enter new date:

www、yy、mm、ddは内蔵の時計が示す日付をもとに表示されます。

www 曜日を示します。曜日は日付から自動的に計算されます。表示されるのは次のうちの1つです。
Sun、Mon、Tue、Wed、Thu、Fri、Sat
yy 西暦年を示します。下2桁が表示されます。
mm 月を示します。2桁の数字です。
dd 日を示します。2桁の数字です。

日付を変更する必要がないときは、ここでリターンキーを押します。
パラメータとして日杖を入力すると、そのまま新しい日付がセットされます。このときは、メッセージは表示されません。

A>date 85-9-2

日付の入力には数字だけが使用できます。文字は使えません。指定できるパラメータの範囲は次のとおりです。

1980〜2079
または80〜99(1980〜1999と解釈される)
または00〜79(2000〜2079と解釈される)
1〜12(01〜12)
1〜31(01〜31)

年月日の入力は、ハイフン(-)かスラッシュ(/)で区切って下さい。
日付は時刻とともにMSX-DOSが管理するので、時刻が24時になると自動的に更新されます。また、月の大小や閏年もチェックされ、正しく変更されます。ただし、時計機能がないMSXのときは更新はされません。
パラメータや区切り記号が誤っているときは、次のメッセージが表示されるので、もう一度正しく入力して下さい。

Invalid date ←日付の指定が違います
Enter new date ←日付を入力して下さい

注意

本体のROM BIOSが日本版以外のものでは、日付の表示と入力の形式が次のように変わります。

インターナショナル版 mm-dd-yyyy
ヨーロッパ版 dd-mm-yyyy
DEL
機能

<ファイルスペック>で指定されたファイルを削除します。

書式

DEL <ファイルスペック>

解説

<ファイルスペック>で指定されたファイルを削除します。
次の例は、デフォルトドライブからファイル「TEST.MAC」を削除します。

A>del test.mac

「del」コマンドでは、削除するファイうrの指定にワイルドカード文字が使用できます。例えば、拡張子が「.TXT」のファイうrをすべて削除するときは、次のように入力します。

A>del *.txt

ワイルドカード文字の詳細については、「2.2.1 ファイルの概要」を参照して下さい。
ファイルの指定に「*.*」を用いると、ディスクにあるすべてのファイルを削除するとことになります。MSX-DOSは実行してもよいかどうかを確認するため、次のようなメッセージを表示します。全ファイルを削除してもよいときは、ここで「y」を入力します。

A>del *.*
Are you sure (Y/N)?

なお、「del」と同等の機能を持つコマンドとして「erase」があります。

DIR
機能

ディスクに記録されているファイルについての情報を表示します。

書式

DIR [<ファイルスペック>][/P][/W]
DIR [/P][/W] [<ファイルスペック>]

解説

「dir」コマンドはディレクトリに記録されているファイルの名前、大きさ、最後に修正された日付、時刻および表示したファイル数、ディスクの残り容量などの情報をディスプレイに表示します。
「dir」コマンドでは「/P」と「/W」の2つのスイッチが使用できます。

/P ページモードを意味しディスプレイいっぱいに表示されたところで表示を中断します。表示を再開するには、任意のキーを押します。
/W ワイドディスプレイモードを意味し、ファイル名のみを1行に表示できるだけ表示します。1行の表示幅は「mode」コマンドで設定した値によります。

「dir」コマンドにパラメータがないとき、デフォルトドライブ上にあるディスクのディレクトリの内容を表示します。デフォルトドライブAにあるディスクのディレクトリの内容を表示させるには、次のように入力します。

A>dir

パラメータとしてドライブ指定のみがあるとき、指定されたドライブにあるディスクのディレクトリの内容を表示させるには、次のように入力します。

A>dir b:

パラメータとして拡張子なしのファイル名だけがあるとき(ドライブ指定はあってもよい)、そのドライブ上にあるディスクのディレクトリを検索して、指定されたファイル名を持つすべてのファイルの情報を表示します。次の例では、ドライブBにあり、ファイル名に「TEST1」を持つすべてのファイルの情報を表示します。

A>dir b:test1
TEST1    ASM     ・・・・・・・・・
TEST1    REL     ・・・・・・・・・
TEST1    COM     ・・・・・・・・・
       3 files   ・・・・・・・・・
A>

完全な<ファイルスペック>を指定したとき、指定されたドライブにあるディスクのディレクトリからそのファイルを検索し、その情報を表示します。

A>dir b:test1.asm
TEST1    ASM     ・・・・・・・・・
       1 file    ・・・・・・・・・
A>

ファイル名のパラメータとしてワイルドカード文字を使用することができます。ワイルドカード文字については、「2.2.1 ファイルの概要」を参照して下さい。なお、「dir」コマンドの呼び出しで同等の動作をするものを以下に上げます。

コマンド 同等のコマンド形式
dir dir *.*
dir file dir file.*
dir .ext dir *.ext
dir dir *.
注意

表示幅が36桁未満のときは、情報の一部が表示されないことがあります。このようなときは「mode」コマンドを用いて、表示幅を36桁以上に設定してください。

ERASE
機能

DELコマンドと同じです。DELコマンドを参照して下さい。

FORMAT
機能

新しいディスクを使用できるように初期化します。

書式

FORMAT

解説

「format」コマンドの処理はメッセージに従って対話形式で進められます。標準的なメッセージは以下のとおりです。

■ドライブが1DDタイプのとき

A>format
Drive name? (A,B)            ←フォーマットするディスクが入っているドライブ名
                               を入力
Strike a key when ready      ←どれかキーを押す
Format complate
A>

■ドライブが2DDタイプのとき

A>format
Drive name? (A,B)            ←ドライブ名を入力
1 - 1 side, double track
2 - 2 sides, double track
?                            ←数字を入力する(標準フォーマットはこの例では)
Strike a key when ready      ←どれかキーを押す
Format complate
A>

対話を中断するときは、[CTRL]+[C]を入力します。このとき、ディスプレイには次のようなメッセージが表示されます。

Aborted                      ←中止した
注意

MSX-DOSで使用できるディスクのフォーマット(様式)を表3.2にあげます。

フォーマット 1DD 2DD 1DD 2DD
記録可能な総ファイル数 112 112 112 112
FATが占めるセクタ数 2 3 1 2
1トラックのセクタ数 9 9 8 8
サイド数 1 2 1 2
サイドあたりのトラック数 80 80 80 80
1セクタあたりのバイト数 512 512 512 512
使用可能なセクタ数 708 1426 530 1268
使用可能な総バイト数 362496730112 322560 649216

 いったんフォーマットが始まると中断することはできません。フォーマット中にエラーが発生すると、その内容によって次のようなメッセージが表示されます。

Write protected
Not ready
Disk error

 エラーの内容は、「2.7 MSX-DOS メッセージ一覧」を参照して下さい。
 3.5インチ型のMSX用ディスクドライブ装置では、すべての機種で片面80トラック(1DD)フォーマットを読み書きできるようになっています。他の装置で使う可能性のあるディスクをフォーマットするときは、このフォーマットを選ぶことが望ましいでしょう。

MODE
機能

ディスプレイの表示文字幅を設定します。

書式

MODE<表示文字幅>

解説

設定できる表示文字幅は、MSX1では1〜40です。41以上の値を設定するとエラーになります。MSX2、MSX2+のときは1〜80です。設定した値が1〜32の時はスクリーンモード1(BASICのSCREEN 1)に、33〜40(MSX2、MSX2+では33〜80)の時はスクリーンモード0(BASICのSCREEN 0)に設定されます。
「mode」コマンドを実行するとディスプレイは消去されます。

PAUSE
機能

バッチコマンドの実行を一時停止します。

書式

PAUSE [<コマンド>]

解説

バッチコマンドの実行を一時停止させるときに使います。バッチファイルにこのコマンドを書き込んでおくと、バッチコマンドの実行が「pause」のところで一時停止します。このときディスプレイには以下のようなメッセージが表示されます。

Strike any key when ready
(準備ができたらどれかキーを押して下さい)

バッチコマンドの実行は、[CTRL]+[C]以外の任意のキーを押すと再開されます。
[CTRL]+[C]を入力すると、続いて次のようなメッセージが表示されます。

Terminate batch file (Y/N)?
(バッチ処理を中止しますか?)

ここで「Y」を入力するとバッチコマンドの実行は中止され、MSX-DOSコマンド入力待ちに戻ります。「N」を入力したときはバッチコマンドの実行が再開されます。
「pause」コマンドのパラメータにコメントを与えると、それをディスプレイに表示させることができます。例えば、下の例のように、使用者に指示を与えることもできます。

A>newdisk
A>rem This is NEWDISK.BAT
A>pause Insert disk in drive B:
Strike a key when ready
A>format
Drive name? (A, B) b
Strike a key when ready
Format complate

A>
REM
機能

何もしません。ただし結果として、「rem」の後に続くパラメータがコメントとしてディスプレイに表示されます。

書式

REM [<コメント>]

解説

「rem」コマンドは上記の動作以外に、他に何の影響も与えません。「pause」コマンドの例を参照して下さい。

REN
機能

第1パラメータで指定したファイル名1を、第2パラメータのファイル名2に変更します。

書式

REN <ファイル名1> <ファイル名2>
または
RENAME <ファイル名1> <ファイル名2>

解説

デフォルトドライブ以外のファイル名を変更するときは、ファイル名1を指定する際にドライブ指定が必要です。「ren」コマンドはファイル名を変更するものなので、ファイル名2でドライブを指定しても意味を持ちません。また「ren」コマンドでほかのディスクにファイルを移動させることはできません。
「ren」コマンドではワイルドカード文字を使用することができます。このとき、ファイル名1で指定したファイルとファイル名2で指定したファイルとの間で、各文字が1対1に対応して処理されます。例えば次の例では、「.LST」拡張子を持つすべてのファイルの拡張子を「.PRN」にかえます。

A>ren *.lst *.prn

次の例では、ドライブB上のファイルABCDEをBDCBEという名前に変更することになります。

A>ren b:abcde ?d?b?

なお、「rename」は「ren」と同等のコマンドです。

RENAME
機能

RENコマンドと同じです。RENコマンドを参照して下さい。

TIME
機能

時刻の表示、変更を行います。

書式

TIME [<時>[:<分>[:<秒>]]][{A|P}]

解説

パラメータなしで入力したときは次のように表示されます。

A>time
Current time is hh-mm-ss.tt{a|p}
Enter new time:

hh、mm、ss.tt、aまたはpは内蔵の時計が示す時刻です。

hh 1〜12の数字で時を示します。
mm 0〜59の数字で分を示します。
ss.tt ssは0〜59の数字で秒を示します。また、ttは1/100秒を示しますが、表示される数字は「00」です。
aまたはp 午前(a)か午後(p)かを示します。

表示された時刻を変更する必要がないときはここでリターンキーを押します。
パラメータとして時刻を入力すると、メッセージは表示されずにそのまま時刻の変更が行われます。
時刻の乳ry校には数字を使います。「.tt」を入力する必要はありません。また、最後の数字の後に「a」または「p」をつけて、午前(am)と午後(pm)を指定するtことができます。「a」や「p」をつけないと、24時間制で時刻を指定したとみなされます。したがって、次の2つの例では、最初のものは午前10時10分30秒に変更し、次のものは時刻を午後10時10分30秒に変更します。

A>time 10:10:30
A>time 10:10:30p

時刻の入力に使用できるパラメータの範囲は次のとおりです。

0〜23 24時間制で入力したと見なされる
1〜12 aまたはpを省略すると午前と見なされる
0〜59
0〜59

時:分:秒の入力は、コロン(:)で区切ります。パラメータや区切り記号が誤っていると、次のメッセージが表示されるので、もう一度正しく入力して下さい。

Invalid time           ←時刻の指定が違います
Enter new time:        ←時刻を入力して下さい
TYPE
機能

<ファイルスペック>で指定したファイルの内容をディスプレイに表示します。

書式

TYPE <ファイルスペック>

解説

「type」コマンドはアスキーファイルの内容を表示させるために用います。<ファイルスペック>の指定にはワイルドカード文字を使用できますが、ディレクトリを捜して最初に指定に該当したファイルの内容のみを表示します。
バイナリファイルの内容を表示させると、ベルコード、フォームフィードコード、およびエスケープシーケンスを含むコントロールシーケンスがディスプレイに送られ、正しい表示が行われません。
表示させるファイルの名前を捜すには「dir」コマンドを使います。

VERIFY
機能

ディスクに書き込む際に、読み込みチェックをするかどうかを設定します。

書式

VERIFY {ON|OFF}

解説

「verify」コマンドは、書き込みに際してファイルが正しく書き込まれたことを読み出してチェックするかどうかを設定します。「verify」を「on」にすると、ディスクに書き込むごとにチェックを行い、「off」にするとチェックは行いません。
「verify on」のときは書き込みに時間がかかるので、通常は「off」にします。MSX-DOSの起動時には、「verify off」に設定されています。重要なファイルをコピーするとき、たとえばマスターディスクの予備を作るときなどには、「verify on」にするとよいでしょう。
ベリファイ機能はオプションであり、ドライブによってはその機能がないものもあります。