トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

レトロ関連/2015-1-24

  FDS! FDS!

 前に、三月兎に行ったら、VirtuaQDの在庫ありとか。一期一会なのは間違いないので、買っておいた。
ただ、ケーブルを作らないといけないので、放置プレイを続けていたのだが、やっとのことで作成できた。

ケーブルをどうするかいろいろと考えたのだけど、TNS-HFX4で使うときにケーブルが邪魔だと思ってたこともあり、RAMアダプタを加工してコネクタを付けてケーブルを差し替える方法にきめた。コネクタは、本当ならミニDINとかの小さいコネクタにしたかったんだけど、ミニDIN12ピンとか無いようで、諦めて、そのままVirtuaQDにも刺せるからいいかなってことで、16ピンのコネクタにすることに。

で、買ってきたもの。

  • 16pinコネクタ(VirtuaQDのコネクタと同じもの) 1コ
  • 16pinケーブル側コネクタ 3コ
  • 16pinフラットケーブル 20cm
  • ACアダプタ 1コ
  • ボタン電池 1コ

いつものごとく、クラフトナイフとセラカンナでRAMアダプタをごりごりと削りまくって、コネクタを付けてみたところRAMアダプタ内のコネクタと干渉してしまうので、ピンを折り曲げたり、半田付けの方向なんかにも注意しつつ、無理矢理押し込みました。

virtuaQD_004.png virtuaQD_005.png

勘違いでINTERFACE-Eにさして、ファミコンの電源入れてないのに起動したりして結構やばい間違いをしたりしつつ、動作しました。

当たり前だけど、実ディスクドライブをエミュレートしているので、読み込みが速くなったりしないんだな。
これで自作ソフトをfdsにすれば、実機で確認が簡単にできそうだな。

virtuaQD_001.png
virtuaQD_002.png
virtuaQD_003.png