トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

DS開発/2008-7-20

 LuaDSちょっと更新


一つ一つ関数を用意するの面倒なので、メモリを直接いじる関数を追加しました。
これだけあれば、BGだってスプライトだって好き勝手し放題。
あとファイル一覧の関数も追加してみた。
BG,スプライトのサンプルとファイル一覧のサンプルを作ってみた。


・メモリ書き込み
poke8 ( adr, data ) 8bit書き込み
poke16( adr, data ) 16bit書き込み
poke32( adr, data ) 32bit書き込み

・メモリ読込
peek8 ( adr, data ) 8bit読込
peek16( adr, data ) 16bit読込
peek32( adr, data ) 32bit読込

VRAMでしか使ってないので、すべてのメモリで正常に動くかは分かりません。

・ディレクトリ一覧
directory.get( path ) pathで指定したディレクトリから一覧をテーブルに返します。

d = directory.get( path )
d[0].filename    ファイル名
d[0].size        ファイルサイズ
d[0].dir         ディレクトリ:true  ファイル:false

ソート等はかかっていませんので、自力でお願いします。
詳細はサンプルをみてください。

ダウンロード


LuaDSバイナリLuaDS_002b.zip(272)
LuaDSソースLuaDS_002b.zip(272)
ファイルリストサンプルfilelist.zip(197)
BG、スプライトテストspbg.zip(203)

BG、スプライトのサンプルは実機でしか動かしてはいけません。(笑