トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

エラーコード一覧表

1. NEXT without FOR NEXT文に対応するFOR文がない。
2. Syntax error 構文に誤りがある。
3. RETURN without GOSUB RETURN文とGOSUB文の対応がとれていない。
4. Out of DATA READ文で読むべきデータがない。
5. Illegal function call 関数の使い方に誤りがある。数値の指定に誤りがある。
6. Overflow 数値がオーバーフローした。
7. Out of memory フリーエリアがなくなった。
8. Undefined line number 指定した行番号がプログラムにない。
9. Subscript out of range 配列変数の添字の値が宣言された範囲を超えている。
10. Redimensioned array 配列を二重定義しようとした。
11. Division by zero 0除算しようとした。0に対して負のベキ乗を行った。
12. Illegal direct ダイレクトモードでは実行できないステートメントをダイレクトモードで実行しようとした。
13. Type mismatch データの型が一致していない。
14. Out of string space 文字列領域がなくなった。
15. String too long 文字列が255文字を越えた。
16. String formula too complex 指定した文字列が複雑すぎる。
17. Can't CONTINUE CONTコマンドの実行ができる状態ではない。
18. Undefined user function DEF FN文で定義されていないユーザー定義関数を使おうとした。
19. Device I/O error デバイスの入出力中にエラーが発生した。
20. Verify error カセットとメモリのプログラムが同じでない。
21. No RESUME エラー処理ルーチンにRESUME文がない。
22. RESUME without error エラー処理ルーチン以外でRESUME文を使用した。
23. 未定義
24. Missing operand 必要なパラメータの指定がされていない。
25. Line buffer overflow 入力データの文字数が多すぎる。
26

49.
未定義
50. FIELD overflow FIELD文で定義したフィールドのサイズが256バイトを越えた。
51. Internal error BASIC内部でエラーが発生した。
52. Bad file number OPENされていないファイル番号を指定した。指定したファイル番号がMAXFILES文で指定した数を超えている。
53. File not found 指定したファイルがない。
54. File already open このファイルはすでにOPENされている。
55. Input past end ファイルをすべて読んでしまった後、さらに読み込もうとした。
56. Bad file name ファイル名の指定に誤りがある。
57. Direct statement アスキー形式のプログラムをロード中、プログラム以外のデータがあった。
58. Sequential I/O only シーケンシャルファイルに対してランダムアクセスを行おうとした。
59. File not OPEN 指定したファイルがまだOPENされていない。
60. Bad FAT ディスクのフォーマットが正常でない。
61. Bad file mode OPENされているモードに対して、正常な入出力を行っていない。
62. Bad drive name ドライブ名の指定に誤りがある。
63. Bad sector number セクタ番号に誤りがある。
64. File still open ファイルがクローズされていない。
65. File already exists NAME文で指定したファイル名が、すでにディスクに存在している。
66. Disk full ディスクの空き領域がなくなった。
67. Too many files ファイル数が112を越えた(ディレクトリの空きがなくなった)。
68. Disk write protected ディスクが書き込み禁止状態になっている。
69. Disk I/O error ディスクの入出力中になんらかの障害が起こった。
70. Disk offline ディスケットが入っていない。
71. Rename across disk NAME文を異なるディスク間で行おうとした。
72

255.
未定義

※ユーザーがエラー定義したい場合は、番号の大きい方から使用してください