トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

1.2 MSX DISK-BASICの命令

B

* BLOAD "<ファイル名>"[ {[,R]|[,S]}[,<オフセット>] ]
コマンド マシン語プログラムや画面データを、ファイルからロードする。
* BSAVE "<ファイル名>",<開始アドレス>,<終了アドレス>[,{<実行開始アドレス>|S}]
コマンド マシン語プログラムや画面データを、ファイルにセーブする。

C

CLOSE [ [#]<ファイル番号>[,[#]<ファイル番号>・・・] ]
ステートメント <ファイル番号>に対応するファイルをクローズする。
CALL FORMAT
コマンド フロッピーディスクをフォーマットする。
CALL SYSTEM
コマンド MSX-DOSに戻る。
COPY "<ファイル名1>" [TO "<ファイル名2>"]
コマンド <ファイル名2>で指定されたファイルに<ファイル名1>の内容をコピーする。
CVD (<8バイト文字列>)
ファンクション 文字列を倍精度実数値に変換し、その結果を返す。
CVI (<2バイト文字列>)
ファンクション 文字列を整数値に変換し、その結果を返す。
CVS (<4バイト文字列>)
ファンクション 文字列を単精度実数値に変換し、その結果を返す。

D

DSKF (<ドライブ番号>)
ファンクション ディスクの残りの容量をクラスタ単位で返す。

E

EOF (<ファイル番号>)
ファンクション ファイルの終わりに達したか否かを調べ、終わりなら-1を返す。

F

FIELD [#]<ファイル番号>,<フィールド幅> AS <文字変数名>[,<フィールド幅> AS <文字変数名>・・・]
ステートメント ランダム入出力バッファに、文字変数を割り当てる。
FILES ["<ファイル名>"]
コマンド <ファイル名>に一致したファイルの名前を画面に表示する。

G

GET [#]<ファイル番号>[,<レコード番号>]
ステートメント ランダムファイルから、ランダム入出力バッファに1レコード読み込む。

I

INPUT #<ファイル番号>,<変数名>[,<変数名>・・・]
ステートメント ファイルからデータを読み込む。
INPUT$ (<文字数>[,[#]<ファイル番号>)
ファンクション ファイルから、指定された長さの文字列を得る。

K

KILL "<ファイル名>"
コマンド <ファイル名>で指定したファイルを削除する。

L

LFILES ["<ファイル名>"]
コマンド <ファイル名>に一致したファイルの名前をプリンタに出力する。
LINE INPUT #<ファイル番号>,<文字変数名>
ステートメント 1行単位のデータをファイルから文字変数へ読み込む。
LOAD "<ファイル名>"[,R]
コマンド プログラムをメモリ上にロードする。
LOC (<ファイル番号>)
ファンクション ファイル中で最後にアクセスが行われた位置をレコード番号で返す。
LOF (<ファイル番号>)
ファンクション 指定されたファイルの大きさをバイト単位で返す。
LSET <文字変数名>=<文字式>
ステートメント ランダム入出力用バッファに、データを左詰めにして格納する。

M

MAXFILES= <ファイル数>
ステートメント オープン可能な最大のファイル数を宣言する。
MERGE "<ファイル名>"
コマンド メモリ上のプログラムとアスキーセーブされているプログラムを混合する。
MKD$ (<倍精度実数値>)
ファンクション 倍精度実数を内部表現に対応したキャラクタコードに変換する。
MKI$ (<整数値>)
ファンクション 整数を内部表現に対応したキャラクタコードに変換する。
MKS$ (<単精度実数値>)
ファンクション 単精度実数を内部表現に対応したキャラクタコードに変換する。

N

NAME "<ファイル名1>" AS "<ファイル名2>"
コマンド ファイルの名前を変更する。

O

OPEN "<ファイル名>" [FOR <モード>] AS #<ファイル番号> [LEN=<レコード長>]
ステートメント ファイルをオープンする。

P

PRINT #<ファイル番号>,[<式>[{;|,}<式>・・・]]
ステートメント シーケンシャルファイルにデータを出力する。
PRINT #<ファイル番号>,USING <書式>;<式>[{;|,}<式>・・・]
ステートメント 書式に基づいてシーケンシャルファイルにデータを出力する。
PUT [#]<ファイル番号>[,<レコード番号>]
ステートメント ランダム入出力バッファ中のデータをランダムファイルに出力する。

R

RSET <文字変数名>=<文字式>
ステートメント ランダム入出力用バッファに、データを右詰めにして格納する。
RUN "<ファイル名>"[,R]
コマンド ディスクからプログラムをロードし、実行する。

S

SAVE "<ファイル名>"[,A]
コマンド プログラムをセーブする。Aを指定するとアスキーセーブされる。

V

VARPTR (#<ファイル番号>)
ファンクション ファイル・コントロールブロックの開始アドレスを返す。