トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

Appendix A.6 I/O マップ

00H〜3FHユーザー定義
40H〜7FHリザーブ
80H〜87HRS232C用
80H8251 データ
81H8251 ステータス/コマンド
82Hステータスリード/インターラプトマスク
83H未使用
84H8253
85H8253
86H8253
87H8253
88H〜8BHMSX1 アダプタのための VDP (V9938) 用 I/O ポート
 ここは MSX1に V9938 をのせたときの I/O となります。VDP を直接 I/O アクセスする場合は必ずメイン ROM の 6 番地と 7 番地を調べ、ポートアドレスを確認して下さい。
8CH〜8DHモデム用
8EH〜8FHリザーブ
90H〜91Hプリンタポート
90Hビット 0 : ストロープ出力 (ライト)
ビット 1 : ステータス入力 (リード)
91Hプリントデータ
92H〜97Hリザーブ
98H〜9BHVDP (V9938) MSX2 用
98HVRAM アクセス
99Hコマンドレジスタアクセス
9AHパレットレジスタアクセス (ライトのみ)
9BHレジスタ間接指定 (ライトのみ)
9CH〜9FHリザーブ
A0H〜A3Hサウンドジェネレータ (AY-3-8910)
A0Hアドレスラッチ
A1Hデータライト
A2Hデータリード
A4H〜A7Hリザーブ
A8H〜ABHパラレルポート (8255)
A8Hポート A
A9Hポート B
AAHポート C
ABHモードセット
ACH〜AFHMSX エンジン (1 チップ MSX I/O)
B0H〜B3H拡張メモリ (ソニー仕様) (8255)
B0Hポート A, アドレス (A0-A7)
B1Hポート B, アドレス (A8-A10, A13-A15), コントロール, R/W
B2Hポート C, アドレス (A11-A12), データ (D0-D7)
B3Hモードセット
B4H〜B5HCLOCK-IC (RP-5C01)
B4Hアドレスラッチ
B5Hデータ
B6H〜B7Hリザーブ
B8H〜BBHライトペンコントロール (サンヨー仕様)
B8Hリード/ライト
B9Hリード/ライト
BAHリード/ライト
BBHライトのみ
BCH〜BFHVHD コントロール (JVC) (8255)
BCHポート A
BDHポート B
BEHポート C
BFHモードセット
C0H〜C1HMSX オーディオ
C2H〜C7Hリザーブ
C8H〜CFHMSX インターフェイス
D0H〜D7Hフロッピーディスクコントローラ (FDC)
フロッピーディスクコントローラは外部からの信号によって遮断される機能を持つような仕様になっており、FDC がアクセスされるときに限って使用可能となります。この機構により、システムが複数の異なる FDC インターフェイスを使うことが可能になります。
D8H〜D9H漢字 ROM (東芝仕様)
D8Hb5-b0 下位アドレス (ライトのみ)
D9Hb5-b9 上位アドレス (ライト)
b7-b0 データ (リード)
DAH〜DBH漢字のための将来の拡張用
DCH〜DBHリザーブ
F5Hシステムコントロール (ライトのみ)
ビットを 1 にすることにより I/O デバイスが使用可能になります
b0漢字 ROM
b1漢字のためのリザーブ
b2MSX オーディオ
b3スーパーインポーズ
b4MSX インターフェイス
b5RS-232C
b6ライトペン
b7CLOCK-IC (MSX2 のみ実装)
内蔵あるいはカートリッジにより接続された I/O デバイスの衝突を避けるためのビット。これによって内蔵のデバイスを無効にすることができます。BIOS の初期化時に、外部デバイスがなければ内部デバイスを有効にします。ここは、アプリケーションプログラムが読み書きしてはいけません。
F6Hカラーバス I/O
F7HA/V コントロール
b0オーディオ R L : ミキシング ON (ライト)
b1オーディオ L L : ミキシング OFF (ライト)
b2ビデオ入力の選択 L : 21p RGB (ライト)
b3ビデオ入力の検出 L : 入力なし (リード)
b4AV コントロール L : TV (ライト)
b5Ym コントロール L : TV (ライト)
b6VDP レジスタ -9 のビット 4 の反転 (ライト)
b7VDP レジスタ -9 のビット 5 の反転 (ライト)
F8H〜FBHリザーブ
FCH〜FFHメモリマッパー