トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

レトロ関連

<< 2017-10 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

2017-10-16

  blueMSX scci対応版 ver.0.02


ちょっと余計に送信してたので、修正しました。
scc+はまだです。
SOUNDカートリッジでも、SCCは鳴ります。

blueMSX_scci_002.zip(1)

2017-10-10

  blueMSX scci対応版


適当にblueMSXを弄ってたら、対応できたので上げてみる。
vs2017で無理やりコンパイルしています。
もしかすると、windows10でないと動かなかったり、
VCのランタイムDLLとか、DirectXのDLLとかインストールが必要なDLLがあるかもしれません。

使えるモジュールはYM8910,SCC,YM2413のみです。SCC+はまだです。

blueMSXが動く環境に上書きしてから、
scciconfig.exeでモジュール設定して、blueMSXを実行してください。
運が良ければ、動くかもしれません。

blueMSX_scci_001.zip(3)

ソースは後ほど。

2016-4-3

  x68sound.dllのデバイス選択


SPFM Lightで使うのに、PCMがいつものスピーカーから出力されるのは変な感じなので、糞安いUSBサウンドデバイスを買ってきたけど、いちいちデフォルトスピーカーに設定するのが面倒くさい。それなりに使えそうなので、置いておきますね。

煮るなり焼くなり好きに使って下さいませ。

x68soundのPCMをiniファイルに出力デバイスを指定することで、指定されたデバイスから出力するようになります。指定したデバイスがない場合、デフォルトデバイスから出力されます。
デバイス名の確認は、WaveOutDeviceName.exeをコマンドラインで実行して下さい。

元ソースは餓死3さんX68Sound_src_20150913.zipです。

バイナリ(116) (vs2015でコンパイル)
ソース(98)

2015-1-24

  FDS! FDS!

 前に、三月兎に行ったら、VirtuaQDの在庫ありとか。一期一会なのは間違いないので、買っておいた。
ただ、ケーブルを作らないといけないので、放置プレイを続けていたのだが、やっとのことで作成できた。

ケーブルをどうするかいろいろと考えたのだけど、TNS-HFX4で使うときにケーブルが邪魔だと思ってたこともあり、RAMアダプタを加工してコネクタを付けてケーブルを差し替える方法にきめた。コネクタは、本当ならミニDINとかの小さいコネクタにしたかったんだけど、ミニDIN12ピンとか無いようで、諦めて、そのままVirtuaQDにも刺せるからいいかなってことで、16ピンのコネクタにすることに。

で、買ってきたもの。

  • 16pinコネクタ(VirtuaQDのコネクタと同じもの) 1コ
  • 16pinケーブル側コネクタ 3コ
  • 16pinフラットケーブル 20cm
  • ACアダプタ 1コ
  • ボタン電池 1コ

いつものごとく、クラフトナイフとセラカンナでRAMアダプタをごりごりと削りまくって、コネクタを付けてみたところRAMアダプタ内のコネクタと干渉してしまうので、ピンを折り曲げたり、半田付けの方向なんかにも注意しつつ、無理矢理押し込みました。

virtuaQD_004.png virtuaQD_005.png

勘違いでINTERFACE-Eにさして、ファミコンの電源入れてないのに起動したりして結構やばい間違いをしたりしつつ、動作しました。

当たり前だけど、実ディスクドライブをエミュレートしているので、読み込みが速くなったりしないんだな。
これで自作ソフトをfdsにすれば、実機で確認が簡単にできそうだな。

virtuaQD_001.png
virtuaQD_002.png
virtuaQD_003.png

2014-9-6

  カセットのシール


のっぺらぼうも悪くはないけど、適当にカートリッジのシールなんぞ作ってみた。
適当なのでいろいろずれまくってるけど、気にしないことにしておく。
インクジェットだからか、乾いてからでも触ると汚れてしまう。上に透明なシールでも張らないとダメだなこりゃ。
これ2枚作るだけで半日以上かかってしまった。もっとさくっと作れるようになりたいなぁ。
まぁ、時間がかかったのは、ラベル屋さん(Flash製)を使ってみたが途中で固まってしまって、諦めてペイントブラシでやり直したからだけどね。
いい加減FirefoxでFlashが固まるのどうにかならんもんかね。

HFC5-01.png

  実機デバッグできんか?


リップ系がダメなのは分かるんだが、ゼルダが聞きたいんだよゼルダが。ディスクシステム音源のファーンって音が。
鳴らないなぁ、何が悪いのやら。バンク切り替えと割り込みベクタの設定が正しくないのだろうと思って適当にヘッダのinitとplayのアドレスを設定してみたがダメか。
ディスクシステムを使うときは割り込みベクタのアドレスが変わるとか見たんだけど、どうなるんだろ。
実機デバッグできたら楽なんだろうけどなー。

NSFダンプツールでも作るかと、久しぶりにC言語で書いたら全然書けなくなっててびっくりした。
最近スクリプト系ばかりだったからな〜。

2014-8-30

  この期に及んで


この期におよんでファミコンとゲームを求めて秋葉原を歩き回ることになるとは。
買ったからには書かなければってことで。

何を買ったのかというと、TNS-HFC5とTNS-HFX4です。
HFC01.jpgHFC18.jpg

ここにたどり着いた方には説明不要と思われますが、このハードはファミコンに挿すことでnsfファイルを実機で演奏することができます。
しかもTNS-HFX4には、ファミコンのカセットを挿すことで拡張音源をならすことができるようになるわけです。

とりあえずは、嵌まった所を書いておきます。

HFC5で音がでない!!

YMZ294を写真とよく見比べて方向を間違えないように差し込む。(これ間違えるとかなりやばいようなので注意。)
HFC5をファミコンにしっかりさして、SDカードのルートにnsfファイルを入れて電源入れると、SDにアクセスし読み込みは行われているようだが、リセットボタンを押しても音が鳴らない。曲が悪いかと思って入れ替えてみてもだめ。
いろいろ、試したけどダメで作者様に連絡してみても問題なさそうってことなので、押し入れにしまってなかったことにしようかと諦めかけた頃、ふとファミコンのカートリッジ部分を見たところシールドで囲まれてました。ハッと思い、差し込んでからちょっと浮かしてみたところ、ビンゴでした!!!
まさか、接触不良を恐れてしっかり差し込んだら接触しすぎって。YMZ294がカートリッジのシールドに触れていたようです。壊れなくて良かった。壊れる前にケースに入れようと心に誓った出来事でした。

複数曲NSFの切り替えは?

IコンのAボタンで進む、Bボタンで戻るです。

HFX4でノイスが!!

お次は、HFX4です。糞暑い中、秋葉原を歩き回って拡張音源搭載のカセットをかき集めた。HFX4にぶっさして電源オン。
スピーカーからは、「プー」と「しゃわしゃわ」ノイズ。
問題は2つありました。
ピーとかプーとかの音は、おいらが買ってきたN16x拡張音源のカセットが「えりかとさとるの夢冒険」と「妖怪道中記」だったんだけど、どっちも起動時の初期化がうまくできないらしく、起動時に音が鳴ってしまっているようである。N163対応のNSFを演奏すれば初期化されるので音が消えるみたい。
ファイナルラップがどこにも売って無くて、こうなったら、手あたり次第試してやれと拡張音源の有無すら確認せずに適当に買いまくって試した結果こんな感じです。

ゲーム名起動時備考
えりかとさとるの夢冒険ノイズ
妖怪道中記ノイズ
ROLLING THUNDER正常
ファイナルラップ正常
貝獣物語正常ちょっと音が大きい?
ワギャンランドN16xじゃない?
ドラゴンバスター2N16xじゃない?
QuintyN16xじゃない?

しかし、最初に買った2本が両方ともノイズなんて、どんだけ運がないんだよ。

しゃわしゃわノイズは電源が問題なのはすぐにわかりました。でどこに問題があるかを探るため、たこ足配線がいかんのかと、ノイズフィルタ付の電源タップを買ってみたりしたけどダメで、秋月で小型のアダプタを買ってきたのだが、こいつがノイズ乗りまくりだったようです。USBのケーブルだったらどうだろうかと、こんなケーブルを買ってきた。
HFC17.jpg

で、家に転がっている1A出力できるUSB充電タップにさしてみたところ、ノイズがなくなった。(多少は出るけど。)
これでいいのかは、疑問が残るところだけど動いてるからいいか。
追加電源からのノイズにも気を使わないといけないようです。

と、嵌まったのはこんな所かな。

 ケース加工


むき出しではイカンってことで、ついでにクズワゴンに積まれていた傷やら汚れやらがひどいファミコンカセットの中から、黒色で表面がざらざらなカセットが比較的きれいに見えたので、(クラックスとハットリス)の2つ見繕って買ってきた。(きれいなのはゲームのせいかもしれんけど)
カッターとドリル、プラモデル用のこぎり、セラカンナで、ごりごり削りまくってこんな感じになりました。

HFC5 表、裏
HFC20.jpgHFC10.jpg
HFX4 表、裏
HFC11.jpgHFC13.jpg
合体!!
HFC22.jpgHFC08.jpg

ディップスイッチとかジャンパの部分は穴を開けるか迷ったけど、後で変えたくなったときに面倒なので開けてみたが、開けない方が良かったかも。
LED部分は穴開けだけだと色がにじむので、透明プラ棒、、、が無かったので転がっていたヨーグルト用のスプーンの柄の部分を切り出して棒状にしてぶっさしてあります。LEDとLEDの間は不透明なプラを詰めて他の色に影響を受けないようにしてみた。うまく光ってくれてます。

HFC09.jpg

HFX4の方はどうするかなーと、送られてきたケースに適当に穴を開けて加工しました。(一部失敗)
こんな感じに収まってます。
HFC16.jpgHFC15.jpgHFC14.jpg

適当に加工して載せただけにもかかわらず、この一体感はなにげにうまくいったのでは?
これならまな板を用意して、ファミコンを一緒に載せられるようにするのがいいかな。