トップ 履歴 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

DS開発/2010-3-12

  HomebrewMenuとかfilesystemとか

HomebrewMenuの新しいバージョンがでてた。R4とかのブートローダーまで用意してくれている。argvに関してはこのメニューを使えってことで終了なのかな。

そういえば、いつの間やらプログラムの終了が出来るようになってたのね。R4ではHomebrewMenuから起動してmainを終了するとHomebrewMenuに戻るのを確認できた。ttdsでは終了で止まってしまうみたい。これからは無限ループはやめてプログラムを終了するようにしないといかんな。

DeSmuMEがargvに対応したのでデバッグもしやすいし、(最近のsvnじゃないとダメっぽい)やっとfilesystemを使う環境が整った感じかな。

DeSmuMEをコマンドラインで起動するとfilesystemの初期化でこけることがあるんだけど、コマンドライン起動の場合、「ROMパスを最後に選択したROMのパスにする」が効かないようで、CFのパスがROMパスとずれてしまい初期化に失敗している模様。なので--cflash-pathスイッチでCFのフォルダをROMフォルダに必ず指定するようにすればいいみたい。
あふだとこんな感じ

〜\DeSmuME_dev.exe "$P\$F" --cflash-path="$P"

HomebrewMenuをいじって俺専用メニューでも作ってみるかな。