トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

このマニュアルの表記法

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※
  1. Aなどはキーボードに刻印されている通りに表記します。
  2. リターンキーは RETURN または ⏎、ファンクションキーは F1 などと表記します。
  3. 「…を押しながら…を押す」といったキー操作に関しては、

SHIFT + F1

CTRL + STOP

のように表記します。

  1. ディスプレイに表示される文字に関しては、
^A

のように囲みます。この例では、画面に CTRL + A が表示されたことを示します。

  1. MSX turbo R では、MSX2+などと同じく、BIOSがMAIN ROM と SUB ROM に分割されています。これを区別するため、以下のように表記します。
CHGET(009FH/MAIN)   MAIN ROM の 009FH 番地
REDCLK(01F5H/SUB)   SUB ROM の 01F5H 番地
  1. ワークエリアおよびフックは、以下のように表記します。
【VALTYP(0F663H,1)】   0F663H 番地の1バイトを使用
【BUF(0F55EH,258)】    0F55EH 番地以降の258バイトを使用
  1. 原則的に入力する文字は大文字、小文字を問いませんが、大文字と小文字の区別が必要なときは、マニュアルにその旨を記載します。全角文字と半角文字は必ず区別します。
  2. 知っていると便利な情報は、

のように囲みます。

  1. このマニュアル中で示されるMSXの画面は、レイアウトなどの都合上、縦横比が変わっていることがあります。あらかじめご了承下さい。
  2. その他は必要に応じて解説します。