トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

5部 スロットとカートリッジ

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 MSXで使用されているCPU(Z80)は、通常64Kバイト(0000H〜FFFFH)のアドレス空間しかアクセスできません。しかし、MSXは1M(メガ)バイトに相当する空間を自由にアクセスすることができます。これはMSXが「スロット」の概念を採用し、同一のアドレスに複数のメモリあるいはデバイスを割り当てる機能を備えているからです。
 ここでは、このスロットの使用法、およびスロットを介してMSXにカートリッジソフトや新しいデバイスを接続するために必要となる情報を紹介します。