トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

1章 MSXViewとは

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 MSXViewとは、ユーザーインターフェイスに優れたアプリケーションプログラムを容易に開発するためのグラフィカルユーザーインターフェイスシステムです。MSXViewに対応することで、MSX turbo R用のアプリケーションプログラムの開発の作業量を大幅に減らすことができます。

 1.1 開発者にとってのMSXView

 従来MSX turbo Rでは、それぞれのアプリケーションプログラムがポインティングデバイスの管理を行ったり、かな漢字変換システムや漢字フォントを内蔵していました。
 しかし、MSXViewの環境でアプリケーションプログラムを作成することにより、これらのシステムリソース(システム資源)をおのおののアプリケーションプログラムが管理する必要がないため、従来と比較してアプリケーション開発作業が大幅に緩和されます。
 さらに、アプリケーションをMSXViewの規定にしたがって作成すれば、将来に渡りさまざまな恩恵が受けられることになります。ポインティングデバイスの管理、かな漢字変換、デスクアクセサリ、各種フォント資源(漢字、デザイン文字など)などのシステム資源について、ハードウェアに変更があっても、MSXViewがその違いを吸収するので、アプリケーションはほとんど気にすることなく開発に集中できます。

 1.2 ユーザーにとってのMSXView

 MSXViewを用いると、開発者側ばかりではなく、ユーザーにとっても大きなメリットを生み出します。
 まず第一に、MSXViewの環境下で作成されたアプリケーションは、操作性が統一されます。例えば、日本語入力の方法や起動、終了、セーブ、ロードなどの方法がすべて統一されたマナーで実行できます。このため、ユーザーが新しいアプリケーションの使用方法をマスターすることが簡単になります。これは、MSX turbo Rで実用アプリケーションを普及するために、非常に重要なことです。
 第二に、アプリケーション間でのデータの受渡しを円滑に行えます。これにより、あるアプリケーションで作成したデータを別のアプリケーションで利用することができ、一度コンピュータに入力したデータが無駄になりません。