トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

8章 V9958の構成

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 「V9985」は、MSX2+用のVDP(Video Display Processor)として開発されたVLSIで、TMS9918A(MSXのVDP)およびV9938(MSX2のVDP)とソフトウェア上位互換性があります。V9958は株式会社アスキーとヤマハ株式会社によって共同開発され、V9938に加えて以下の特徴があります。

  • YJK方式により最大19,268色を同時に表示可能
  • ハードウェアによる水平スクロール
  • 全表示モードでコマンド機能を使用可能

 この章ではV9938に対して変更・追加された機能を解説します。この章で説明のない部分についてはV9938と同じ仕様です。

 8.1 レジスタ

8.1.1 追加されたレジスタ

7 6 5 4 3 2 1 0
R#250 CMDVDSYAEYJKWTEMSKSP2
 
R#260 0 HO8HO7HO6HO5HO4HO3
 
R#270 0 0 0 0 HO2HO1HO0
 
注意

空きビットにはかならず「0」を設定して下さい。
リセット時には、全てのビットは「0」に設定され、機能的にはV9938と同等になります。

8.1.2 変更されたレジスタ

 Status register 1のID番号を「2」とし、V9958であることを表します。V9938では「0」が返ってきます。

7 6 5 4 3 2 1 0
S#1 FL LPS0 0 0 1 0 FH

 8.2 V9958の機能

 V9958ではV9938を拡張して、新たな機能を加えています。追加された機能には以下のようなものがあります。

8.2.1 水平スクロール

7 6 5 4 3 2 1 0
R#250 CMDVDSYAEYJKWTEMSKSP2
 
R#260 0 HO8HO7HO6HO5HO4HO3
 
R#270 0 0 0 0 HO2HO1HO0
 
R#25MSK 0=左側8ドットはマスクされない(初期値)
1=左側8ドットをマスクし、ボーダーカラーを表示する
R#27の値が「0」の場合は、マスクする必要ありません(GRAPHIC65,6では16ドットのマスクになる)。
SP2 0=水平方向画面サイズを1ページとする(初期値)
スクロールは1ページ内で行われ、画面上には左側の隠れた部分が右側にも表れます。
1=水平方向画面サイズを2ページとする
スクロールは2ページで行われ、スクロールによって裏のページが表れます。
HO8〜HO0 静止画の水平方向スクロール量をドット単位で設定する(GRAPHIC5,6は2ドット単位のスクロールになる)

 水平スクロール時のVRAMアクセスは8ドット単位で行われ、R#27の値が「0」以外のときは、表示用のデータが不定になります。この不定のデータを表示させないためにマスクが必要になります。

HO8〜HO3に対する表示画面
 左方向へ、8ドット単位(GRAPHIC5,6は16ドット単位)で設定値だけシフトします。

画像ファイルが存在しません。

注意

HO8は無視されます。

画像ファイルが存在しません。

注意

SP2=1のときは、パターンネームテーブルの先頭アドレスは、奇数ページが選択されるように設定します。
各テーブルのベースアドレスは次のようになります。

パターンネームテーブル(PNT) 0〜31 偶数ページ
32〜63 奇数ページ
パターンジェネレータテーブル(PGT) ベースアドレス設定値
スクロールによって変化しない
カラーテーブル(CT) ベースアドレス設定値
スクロールによって変化しない

HO2〜HO0に対する表示画面
 右方向へ、1ドット単位(GAPHIC5,6は、2ドット単位)で設定値だけシフトします。

画像ファイルが存在しません。

図4.64のように、左へ126ドットスクロールするときは、以下のようになります。

R#26 = 128 = 8×16 (左へ128ドット)
R#27 = 2           (右へ2ドット)

8.2.2 ウエイト機能

7 6 5 4 3 2 1 0
R#250 CMDVDSYAEYJKWTEMSKSP2
 
WTE 0=ウエイト機能を無効にする(初期値)
V9938と同様に機能します。
1=ウエイト機能を有効にする
CPUがVRAMをアクセスした際に、V9958のVRAMアクセスが完了するまで、全てのV9958ポートへのアクセスに対してウエイト信号を発生します。
レジスタとカラーパレットへのアクセス未完了およびコマンドのデータレディによるウエイト機能はありません。
注意

ウエイト機能はMSXでは使っていません。
このビットを「1」にするときは、その前にダミーのVRAMアクセスを行って下さい。

8.2.3 コマンド機能

7 6 5 4 3 2 1 0
R#250 CMDVDSYAEYJKWTEMSKSP2
 
CMD 0=GRAPHIC4〜7の表示モードのみコマンド機能を有効にする(初期値)。
1=全表示モードにおいてコマンド機能を有効にする
GRAPHIC4〜7モードでは、V9938と同様に機能し、それ以外の表示モードでは、GRAPHIC7モードとして動作します。したがってGRAPHIC4〜7モード以外でコマンドを使用するときには、パラメータはGRAPHIC7モードのX、Y座標系で指定します。

8.2.4 YJK方式データの表示機能

7 6 5 4 3 2 1 0
R#250 CMDVDSYAEYJKWTEMSKSP2
 
YJK 0=VRAM上のデータをRGB方式(例えばGRAPHIC7の時は各3
スプライトの表示色は従来通りです。
1=VRAM上のデータをYJK方式のみと見なし、これをRGB信号(各5ビット)に変換し、アナログ表示する。
スプライトの表示色にはパレットが有効になります。
YAE YJK方式のデータフォーマットの選択

以下は、YJK方式のデータフォーマットです。連続した4ドットをグルーピングして表します。

1)アトリビュートがない場合(YAE=0)(初期値)

画像ファイルが存在しません。
図4.65 アトリビュートなしのYJKデータフォーマット

YJK方式のデータは連続した4ドット分の情報でグループ分けされており、

Y1、KL、KH、JL、JHで先頭1ドットのカラー情報
Y2、KL、KH、JL、JHで2ドット目のカラー情報
Y3、KL、KH、JL、JHで3ドット目のカラー情報
Y4、KL、KH、JL、JHで4ドット目のカラー情報

となります。
KとJの値は4ドットに共通で使われます。Yの値は1ドットごとに指定します。

2)アトリビュートがある場合(YAE=1)

画像ファイルが存在しません。
図4.66 アトリビュート有りのYJKデータフォーマット

A=0YAE=0の場合と同じ(初期値)
Y、J、Kは全てYJK方式のデータとなります。■は1ドット分のカラー情報です。Aのビットは無視されます。
A=1Y1〜Y4はそれぞれカラーコードとなり、カラーパレットを通してRGB出力されます。JとKはYJK方式のデータとなります。

 
3)YJKとYAEの組み合わせ

画像ファイルが存在しません。

8.2.5 V9958では削除された機能

  1. コンポジットビデオ出力
  2. マウス・ライトペンインターフェイス

 この変更に伴い、次の内部レジスタのビット(灰色の部分)が意味を持たなくなります。これらのレジスタに値を書き込む場合には、これらのビットに必ず「0」を書き込んで下さい。

Status Register 1

7 6 5 4 3 2 1 0
S#1 FL LPS0 0 0 1 0 FH
 
FL ライトペン光検出フラグ
LPS ライトペン・マウススイッチ

Mode register 0

7 6 5 4 3 2 1 0
R#0 0 DG IE2IE1M5 M4 M3 0
 
IE2 ライトペンによる割込み
(MSX2はV9938のライトペン機能は使用していない)

Mode register 2

7 6 5 4 3 2 1 0
R#8 MS LP TP CB VR 0 SPD BW
 
MS マウスで使用
LP ライトペンで使用
(MSX2はV9938のマウス・ライトペン機能は使用していない)