MSX Datapack wiki化計画

13章 グラフパック

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

この章では、グラフパックの構成や使用方法、各ファンクションなどについて説明します。

グラフパックとは
グラフパックは、MSXViewの環境を維持しながらウィンドウに対して、高速に描画するためのルーチン群です。グラフパックを使えば、ペン、タイルのパターンや色などを自由に設定し、線や箱などの図形をクリッピングして描画することができます。
MSXViewでは、文字以外の画面表示はすべてグラフパックを使用します(文字の表示はフォントパックを使う)。描画することができるのは、ウィンドウ環境の描画エリア(ズームされた領域)だけです。したがって、グラフパックを使うときは、ディスプレイマネージャで描画環境を設定して下さい。描画環境の設定については、ディスプレイマネージャの章を参照して下さい。
グラフパックの使い方
グラフパックを使って描画するときは、次のような手順になります。