トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

4部 VDP

 MSXは画面表示のためにVideo Display Processor(VDP)と呼ばれる専用のLSIを採用しています。このLSIを直接操作することにより、高速なグラフィック表示が可能となります。MSX1ではVDPとしてTMS9918Aが、MSX2ではV9938が、MSX2+ではV9958が使用され、高度なグラフィックシステムを提供しています。
 4部では、V9938とV9958について詳しく説明します。