トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

22章 オーバーレイの使い方

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 オーバーレイを使用するには、以下の2つの方法があります。

  • _system()を用い、外部ファイルのオーバーレイモジュールを呼び出す方法
  • _execute()を用いて、アプリケーションのファイルに結合されたオーバーレイモジュールを呼び出す方法

 一般的に、前者はシステムで共通に使用するオーバーレイモジュールの呼び出しに使用し、後者はアプリケーションが個別に使用するオーバーレイモジュールの呼び出しに使用します。
 前者の代表例としては、ファイル名を選択するための「FILEPACK.MV」や、フォントメニューを表示してフォントを選択させる「FONTMENU.MV」などがあります。
 後者の_execute()を用いたオーバーレイモジュールは、個々のアプリケーションが使用する専用オーバーレイモジュールの場合に使用します。この方法では、オーバーレイモジュールも含めて、アプリケーションが1つのファイルになるため、アプリケーションの取扱い(バックアップなど)が容易になるという利点があります。