トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

7章 ファイルの形式

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 この章では、MSXViewのファイル形式について説明します。

 7.1 アプリケーションファイル

 アプリケーションファイルは、先頭からアプリケーションエリアに読み込まれるバイナリファイルでなければなりません。さらに、オーバーレイモジュールを含むアプリケーションの場合には、ファイルの後ろにオーバーレイモジュールが連結されていなければなりません。

 7.2 データファイル

 アプリケーションが作成するデータファイルの形式は自由です。したがって、どのようなフォーマットでファイルを作成してもかまいません。また、他のアプリケーションやMSXView以外の各種アプリケーションとデータの互換性を持たせるために、複数のファイルフォーマットをサポートすることもできます。この場合には、タイトルバーの中に、ファイル形式変更のメニューがなければなりません。