トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

5章 APの標準レイアウト

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 アプリケーションの画面レイアウトは、MSXViewシステムの全体的な統一化のために特に不都合のないかぎり以下の形式にして下さい。
 これにより、ユーザーはある1つのアプリケーションの基本操作を覚えてしまえば、他のアプリケーションも無理なく使えるようになるというメリットが生まれます。

 5.1 タイトルバー

 ファイル処理、印刷、終了などのメニューが入っています。また、現在編集中のファイル名の表示も行います。編集中のファイルが新規作成中の場合には、「新規」と表示されます。
 ここに入るメニューの内容は以下のようなものです。
表3.2 タイトルバーの内容

内容意味
新規編集内容を破棄して初期状態にします。
保存編集内容に名前をつけて保存します。
更新編集内容を読み込んだときの名前で保存します。
読込保存してあったデータをディスクから読み込みます。
登録標準形式のデータ交換ファイルを作ります。
組込標準形式のデータ交換ファイルを組み込みます。
印刷印刷を行います。
印刷形式印刷形式を設定します。
終了アプリケーションを終了し、VSHELLに戻ります。

 5.2 DAメニュー

 デスクアクセサリメニューが入っています。

 5.3 コマンドバー

 アプリケーションの各メニューが入っています。この部分のメニューはアプリケーションによって異なります。
画像ファイルが存在しません。
図3.1 メニューバーの各部の名称