MSX Datapack wiki化計画

6章 操作における規定事項

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 この章では、MSXView用のアプリケーションを開発するにあたって、操作面で守らなければならないことを説明します。

 6.1 操作方法

 文字の入力以外はマウスのみで操作可能にして下さい。また、すべての操作をキーボード上からも行えるように配慮して下さい。

 6.2 デスクアクセサリ

 ほとんどの状態でデスクアクセサリが起動できなくてはいけません。

 6.3 特殊キー

 ファンクションキーやグラフキーのような特殊キーは、以下のように割り付けます。

 6.4 印刷

 印刷については、MSXViewで定められている仮想プリンタを対象にプログラムを作成します。1つ1つのプリンタの差は、MSXViewで用意されている各種のプリンタドライバによって吸収されるので、多数のプリンタを対処有為プログラムを開発する必要はありません。

 6.5 ファイル名の入力

 読み込み、保存時のファイル名の入力はシステムで用意されているFILEPACKを使用して下さい。これによりユーザーは、すべてのアプリケーションプログラムで共通して、読み込み、保存を同じ操作方法で扱うことができます。
 FILEPACKの具体的な使用方法は、添付のサンプルプログラムを参照して下さい。