MSX Datapack wiki化計画

2章 MSX MODEM

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 2.1 ハードウェア

2.1.1 基本構成

 MSX MODEMの基本ハードウェア構成は下図のとおりです。シリアルインターフェイスとしてi8251相当、ROM 32Kバイト、RAM(バッテリバックアップ)8Kバイト、NCU制御のためのパラレルポートとしてi8255相当を基本前提としています。ただし、後述のBIOSにより、この基本ハードウェアとは異なった構成のハードウェアにも移植が可能です。

図7.8 MSX MODEMの基本構成

 短縮ダイヤルやシステムの設定値を記憶するためのバッテリバックアップされたCMOS RAMはオプション設定とします。ソフトウェアではファイルとしてのデータアクセスをサポートするため容量は任意ですが、ディレクトリ領域を必要とすることなどから少なくとも2Kバイト程度が実用限界と思われます。単にシステムのコンフィギュレーションを記憶しておくメモリスイッチとしてなら必要最小限の容量でも動作可能です。なお、短縮ダイヤル用メモリは1件につき約100バイト程度の容量が必要です。

 2.2 NUCの構成

 NCUは図8.9のハードウェアを想定しています。この図は想定しているすべてのハードウェア機能を記載していますので、必ずしもこのような構成が実際的であるわけではありません。
図7.9 NCUの構成
 SW1は回線をモデムダイアラに接続するか、外部電話機に接続するかを選択します。

 2.3 メモリの構成

 2.4 I/Oの構成

 2.5 拡張BASIC

2.5.1 概要

2.5.2 この章の表記法

2.5.3 拡張BASICコマンド一覧

コマンド名機能ページ
COMBREAK*電話回線にブレーク信号を送出します153
COM GOSUB*通信用ポートから割り込みがかかると指定したサブルーチンを実行します153
COMHELPCOMINIのHELPメッセージを表示します154
COMINI*通信回線の初期化を行います155
COMOFF*通信用ポートからの割り込みを禁止します158
COMON*通信用ポートからの割り込みを許可します159
COMPROTOCOL*ファイル転送に用いるプロトコルを決定します159
COMSTAT*通信用ポートのステータスを求めます161

2.5.4 拡張BASICの解説

 2.6 拡張BIOS

2.6.1 概要

2.6.2 拡張BIOSの呼び出し