トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

1章 MSX RS-232C

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 1.1 ハードウェア

 MSX RS-232Cには、シングルチャンネルタイプとマルチチャンネルタイプの2つの仕様があります。それぞれについて、以下で解説します。

1.1.1 シングルチャンネルバージョン

1. 使用するLSl

i8251 通信インターフェイス
i8253 プログラマブルインターバルタイマ
ROM  システムソフトウェア用(8Kバイト)

2. ポートアドレス
  表7.1 シングルチャンネルタイプのポートアドレス

I/OアドレスRead/Write意味
80H R/W 8251データポート
81H R/W 8251コマンド/ステータスポート
82H R CTS、Timer/Counter2、RI、CD用ステータスセンサ
82H W 割り込みマスクレジスタ
83H システム予約
84H R/W 8253カウンタ0
85H R/W 8253カウンタ1
86H R/W 8253カウンタ2
87H W 8253モードレジスタ

3. 82H番地ビット割り当て

82H Read  システムステータスの獲得

  表7.2 シングルチャンネルタイプのシステムステータス

データビット意味
D7CTS(Clear To Send)      
0        CTS Asserted
1        CTS Negated
D6 タイマ/カウンタ出力2(8253より)
D5 システム予約
D4 システム予約
D3 システム予約
D2 システム予約
D1 R1(Ring Indicator)*
0 RI Asserted
1 RI Negated
D0 CD(Carrier Detect)*
0 CD Asserted
1 CD Negated

注意*印の信号はオプション。どちらか一方をインプリメントする場合、必ずCD信号にする。