MSX Datapack wiki化計画

1章 MSX RS-232C

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 1.1 ハードウェア

 MSX RS-232Cには、シングルチャンネルタイプとマルチチャンネルタイプの2つの仕様があります。それぞれについて、以下で解説します。

1.1.1 シングルチャンネルバージョン

1. 使用するLSl

i8251 通信インターフェイス
i8253 プログラマブルインターバルタイマ
ROM  システムソフトウェア用(8Kバイト)

2. ポートアドレス
  表7.1 シングルチャンネルタイプのポートアドレス

I/OアドレスRead/Write意味
80H R/W 8251データポート
81H R/W 8251コマンド/ステータスポート
82H R CTS、Timer/Counter2、RI、CD用ステータスセンサ
82H W 割り込みマスクレジスタ
83H システム予約
84H R/W 8253カウンタ0
85H R/W 8253カウンタ1
86H R/W 8253カウンタ2
87H W 8253モードレジスタ

3. 82H番地ビット割り当て

82H Read  システムステータスの獲得

  表7.2 シングルチャンネルタイプのシステムステータス

データビット意味
D7CTS(Clear To Send)      
0        CTS Asserted
1        CTS Negated
D6 タイマ/カウンタ出力2(8253より)
D5 システム予約
D4 システム予約
D3 システム予約
D2 システム予約
D1 R1(Ring Indicator)*
0 RI Asserted
1 RI Negated
D0 CD(Carrier Detect)*
0 CD Asserted
1 CD Negated

注意*印の信号はオプション。どちらか一方をインプリメントする場合、必ずCD信号にする。
82H Write  割り込みマスクレジスタ

  表7.3 シングルチャンネルタイプの割り込みマスクレジスタ

データビット意味
D7システム予約
D6 システム予約
D5 システム予約
D4 システム予約
D3 Timer Interrupt from i8253 channel2
1        割り込み不許可(初期値)
0        割り込み許可
D2 Sync character detect/Break detect*
1        割り込み不許可(初期値)
0        割り込み許可
D1 Transmit Data Ready(TxReady)*
1 割り込み不許可(初期値)
0 割り込み許可
D0 Receive Data Ready(RxReady)*
1 割り込み不許可(初期値)
0 割り込み許可

注意*印の信号はオプション。最小構成では、割り込み信号はRxReadyのみ。

4. 8253を使用した8251へのボーレートクロック発生

5. DSUB25コネクタのピン配列

1.1.2 マルチチャンネルバージョン

1. 使用するLSl

 1.2 拡張BASIC

1.2.1 概要

1.2.2 この章の表記法

1.2.3 拡張BASICコマンド一覧

1.2.4 拡張BASICの解説

 1.3 拡張BIOS

1.3.1 概要

1.3.2 拡張BIOSの呼び出し

 1.4 サンプルプログラム

 添付のフロッピーディスクの中に、RS-232C拡張BIOSを使ったサンプルプログラムが入っています。ファイル名は、「TERMINAL.MAC」です。
 MSX-DOSからこのプログラムを起動すると、簡単なターミナルモードになります。終了するにはCTRL+STOPを押してください。
 このプログラムを作成するにはMSX-DOS TOOLSを使って、次の操作を行います。

A>m80=b:sample
No Fatal error(s)
A>l80 b:sample,b:sample/n/e
MSX-L.80  1.00 01-Apr-85 (c) 1981,1985 Microsoft
DATA    0103   0267    <  356>
XXXXX Bytes Free
[0000   0267      2]
A>