トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

1章 MSX-MIDIとは

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※
MSX-MIDIとは

 MSX-MIDIとは、これまでのMSX-MUSICにMIDI(Musical Instrument Digital Interface)機能を追加したもので、拡張BASIC命令で、MIDIを利用することができます。MSX-MUSICとは異なり、BIOSはありません。BASIC以外でMSX-MIDIを使うプログラムは、I/Oポートから直接ハードウェアをアクセスします。
 MSX-MIDIは本体に内蔵することも、外付けカートリッジにすることもできます。MSX-MIDIは、MSXturboR以降のMSX専用です。MSX、MSX2、MSX2+では使用できません。
 MSX-MIDIは次のような構成になっています。

・MIDIインターフェイス

8251 MIDIデータ通信用IC
8253または8254ボーレートジェネレータおよびタイマー用IC

これらのICに対しては、I/Oポートからアクセスします。

・MSX-MIDI ROM(16Kバイト)
本体内蔵の場合は、これまでのMSX-MUSICと同じスロット(スロット0-2、ページ1)に配置します。
外付けカートリッジの場合は、カートリッジ上に実装します。拡張BASIC命令を使うときは、本体内蔵のMSX-MUSICは使用せず、外付けカートリッジのMSX-MIDIを使うよう初期化されます。