MSX Datapack wiki化計画

6章 24トッド漢字プリンタ

※
※ このページは書きかけです。以下の可能性があります。
※ ・誤字、脱字等のチェックをおこなっていません。
※ ・テキスト、表などフォーマットがされていない。
※ ・画像が抜けている。
※

 6.1 基本仕様

6.1.1 ドット構成

6.1.2 TYPE AとTYPE Bの違い

 MSX24ドット漢字プリンタにはTYPE AとTYPE Bの2種類の仕様があります。両者の違いはサポートするコントロールコードの数で、TYPE Bに比べてTYPE Aの方が多くのコントロールコードをサポートしています。TYPE Aはフルセット版、TYPE Bはサブセット版とお考えください。
 コントロールコードの中にはTYPE A、TYPE Bとも必須でないものがあります。これらのコードをサポートする必要はありませんが、シーケンスはその機能に予約されています。すでに発売されているプリンタの中にはこれらオプションの機能を持ったものがあります。同じ機能をサポートする場合には、そのコードにしたがってください。また、新たに特別な機能を付加するときには、この仕様書に記載されているコードは割り当てないでください。また、別のコードを割り当てるときには、事前に当社までご一報ください。

 6.2 コントロールコード

6.2.1 コントロールコード一覧

6.2.2 制御コード

6.2.3 拡張制御コード(ESCシーケンス)

6.2.4 拡張制御コード(SUBシーケンス)

6.2.5 拡張制御コード(STXシーケンス)

6.2.6 拡張制御コード(FSシーケンス)

6.2.7 印字モードに関する注意(ESC N, ESC H, ESC E, ESC Q, ESC P)

6.2.8 イメージ印字

 6.3 グラフィック印字

6.3.1 グラフィック印字に関する必須条件と推奨条件

 8ドットグラフィックス/16ドットグラフィックスの印字に関しては、24ドットプリンタで完全にサポートすることがむずかしいため、ハードウェアに応じて可能なかぎりサポートするものとします。ただし、その際、必須条件と推奨条件を以下のようにします。

 必須条件とは、リスト7.3やリスト7.4のようなプログラムが正常に印字できることを保証するためのものです。縦横比が1:1であるという条件は、画面コピーのようなプログラムが正常に動作するために必要です。最大印字ドット数が保証されるという条件は、8ドットプリンタ用のワードプロセッサの印字に使用する場合などに必要になります。
 推奨条件は、リスト7.5のようなプログラムでも、できれば8ドットプリンタと同じように印字された方が好ましいことを意味します。
 ここに示したプログラムのような場合以外にも、プリンタ用紙に、すでに8ドットプリンタに合わせてフォーマットが印刷されているような場合、この条件が必要になります。

100 'TEST PROGRAM NO.1
110 LPRINT CHR$(27);"T16"
120 LPRINT CHR$(27);"N"
130 FOR N = 1 TO 8
140  LPRINT CHR$(27);"S0064";
150  FOR M = 1 TO 64
160    LPRINT CHR$(2^(M MOD 8)-1);
170  NEXT M
180  LPRINT
190 NEXT N
200 END
100 'TEST PROGRAM NO.2
110 LPRINT CHR$(27);"T16"
120 LPRINT CHR$(27);"N"
130 FOR N = 1 TO 8
140  LPRINT CHR$(27);"I0128";
150  FOR M = 1 TO 255
160    LPRINT CHR$(2^(M/2 MOD 8)-1);
170  NEXT M
180  LPRINT
190 NEXT N
200 END
100 'TEST PROGRAM NO.3
110 LPRINT CHR$(27);"T16"
120 LPRINT CHR$(27);"N"
130 FOR N = 1 TO 8
140  LPRINT "MSXBASIC";
150  LPRINT CHR$(27);"S0064";
160  FOR M = 1 TO 64
170    LPRINT CHR$(2^(M MOD 8)-1);
180  NEXT M
190  LPRINT
200 NEXT N
210 END

6.3.2 グラフィック印字のモード

6.3.3 ノーマルモード(ESC M)

6.3.4 コピーモード

6.3.5 コンパチブルモード

6.3.6 コピーモード、ノーマルモードの印字方法の例

6.3.7 その他の印字方法をとる場合の注意

 6.4 漢字コード

 6.5 縦拡大文字の網掛け処理

 6.6 サンプルプログラム

 MSX漢字BASICとM1024IIP/Xでの組み合わせによる、縦拡大文字に対する網掛処理の例が添付のフロッピーディスクに入っています。プログラム名は「PRINT.BAS」です。
 なお、【RAWPRT(0F418H)】が0以外になっていないと制御コードをそのまま送出できませんので、ご注意ください。